人生に『待った』無し

f:id:wtetu12:20210720105819j:plain

3つの坂=上り坂、下り坂、まさか

ある日、突然、『こんにちわ』

事故から、人の出会い

天地からのお迎えまで

人生『待った』無しでお受けする

こちらから先手の《松戸のすぐやる課》

先手必勝!

自分の勝手で引き延ばせば

ドンドン気力、体力消耗。

 

 

《断捨離》をやる

f:id:wtetu12:20191104185217j:plain

下記記事を自分に当てはめると➡部分
週刊現代」の特集記事
【60歳過ぎたらどんどん捨てる】で目を覚ます。
私は76歳だから出来て当たり前(笑)
●親を捨てる⇒もう親はいない:父母は永眠
●子供を捨てる=子供結婚・独立➡頼らない、『老いては子に従う』
●友達を捨てる=ドンドン捨ていてる➡会っていない
●家を捨てる➡上さんの城で私は居候で静かにいる
●見栄を捨てる⇒見栄は無いがプライドはアリ
●年賀状やお中元をやめる➡やめてる
●カネを捨てる➡自粛生活で使わない、捨てたと同じ
~おお、結構、出来てる=80点
頭の整理には必要かも…。

ゴットの怒り

 

 

生きとし生きるものは大小ゴットの子供

f:id:wtetu12:20190716135753j:plain

 

Q:ゴットのお住まいは?

 

A:大ゴットは大宇宙の天地

  小ゴットは小宇宙の細胞や微生物の中

 

Q:ゴットは見えるの?

 

A:肉眼では見えないが

A:大ゴットは望遠鏡

  小ゴットは顕微鏡でみえる

 

21.7,11

大ゴットの怒りと遭遇
PMゲリラ・ヒョウ大雨で
やっと自宅前にたどり着くが
今度はEVが雷で動かない
息子が後ろ支え、上さんはキャリーバッグ運びで応援

麻痺足で階段登りでやっと玄関にたどり着く

凄い雷だった、雨宿りは指圧の治療室

1時間で雨はやむ

病治って、命亡くなる

 

f:id:wtetu12:20181107091511j:plain


若い人も熟年者も確り生きてる

若い時は元気、年と共に

徐々にパワーダウン

そこに襲い掛かる不具合

それでも負けずに生きる

よせば良いのに、検査や手術

ヤジロベイの綱渡りおじさん

病治って、命亡くなるなんて・・・・・・・。

いいからいいから、好きなように

やらせろ、本人には精一杯やってる

その脚を引っ張るな!

我が痛みは自分しか判らない

f:id:wtetu12:20180321201038j:plain

私の痛みは貴方は判らない

貴方の痛みは私は判らない


我が痛みは自分しか判らない

だから人に言っても虚しい


唯一、知っているのはゴットのみ

=私の痛みはおみとうし

ゴットの怒り

f:id:wtetu12:20191104185217j:plain
参ちゃん
人の欲望、エゴ行為に

ゴッドの怒りを抑えることは絶対に無理だと思う。


鉄:同感、まずはゴットに触れ、聞きたい


Q:ではゴットはどこにいる
A:目では見えないが
顕微鏡なら見れる、ゴットは実存する
●細胞37兆個のDNA
●微生物=菌は1,000兆個
●ウイルスはもっと多い
細胞内に共生だから小さい
この小宇宙にゴットがいる

 

Q:ゴットの怒りとは
A:小宇宙の個々=善玉、日和見、悪玉微生物

このささやきに惑わされ
人が欲望、エゴとなればゴットの怒りを受ける。

終活って何?

f:id:wtetu12:20180321201038j:plain

Q:あなたの終活って、何なの?

A:私自身が終活中ですがのんびりやりたい

いずれ死はやって来る、そこで私にとって『真の終活』ってなにか?

つい考えてしまいます

今、答えは明確ではありませんが、

少なくても毎週出る月刊現代、ポストの終活は

身の周り整理だからやや違う

『ああ、死ぬ間際までこんな面倒はやりたくない』

生きる事は人間関係で

最後の最後は子供、上さん、兄弟との家族との人間関係か

もううんざり、私一人の世界の幸せ感、死ぬ時は一人静かに逝きたい

その為の心のトレーニングが私の終活みたいです。

何しろ好き勝手、面白いからやる、死ぬまで!